« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »

2017/05/31

コンコン♪

Bonjour.(こんにちは)
毎日楽しく、幸せを感じながら生きている大原稔司(オオハラ トシカズ)、芸名はジョニーです。
芸名の由来は自称キャサリン(日本人男性)にジョニーと呼ばれていたからです。
彼が僕のことをジョニーと呼んだ理由は特には無いのでしょう。きっと、何となくです。

さてさて、僕が演劇部に入ったのは、高校2年の文化祭が原因です。劇はシンデレラで、台詞は「はっ!」が四回だけ、と恐ろしくモブではありましたが……それでもみんなで作った劇が楽しく、演劇部に入ることにしました。現在は夏公演に向けて毎日楽しく練習しています!
騎恒(きつね)大臣役で出演します。ぜひ来てください!コンコン♪

そして!ブログリレー次のwriterはなんと~~~~!!! 1回生男子 かわいいキャラNo.1の ゆうくんで~す。
それではでは、Au revoir(さようなら).

お金が欲しいです

こんにちはッ!!!電光雷轟、光の速さで現れた学園座屈指の次世代型ネタキャラにしてボケキャラのマグロですぅ~(今回はブログリレーということなので文章を書かせていただくわけですが普段あまりこういった文章を全く書くことがない身なので拙いものではありますがどうか温かい目で見守っていただけたら幸いです)
はてさて、とはいうものの特に何もネタを持ち合わせてはいないので小説の話でもします。僕は小説の本編を読み終える前に必ずと言っていいほどあとがきの方に目を向けてしまうタイプのあとがき大好きダメ人間です(ジャンプの巻末あたりの作者コメントを見るのがたのしーいって言ってる人みたいな感じ)。なぜかと聞かれると当たり前なんですが本編は結構長いからです。読む時間が長ければ長いほど集中力がきれてきてしまって他の物事に注意がいって「何か別の事したいな〜」と思うと同時に小説をなんとしてでも読み切ってしまいたいという気持ちが交錯しまくった結果どうしてもそういった悲しい結末に行き着いてしまうわけです。でもこれが意外と楽しいものでやめられんのですよッ!!!!!。小説の本編は細かい情景描写や心情描写やらなんやらを書いていくがゆえに必然的に文も長くなってしまうわけですが、あとがきは「なにを思ってこの小説を書いたんやワレェ!!!」みたいなことさえ書けばあとはオールオッケーなんで結構短めの文章に文章が仕上がるかつ、作者の凄みだとかユーモラスな側面が本編読み終えるよりも早くに分かってしまう、そしてさらに本編を面白くさせてくれる言ってみれば魔法のようなものなのです(まあよくネタバレされて面食らうこともあるけど)。だからあとがきに目を向けられずにはいないあとがき大好き人間なのです!!!!!!
      ∧_∧
 /\( ・∀・)/ヽ
( ● と   つ ● )
 \/⊂、   ノ \ノ
     し’
と戯言が過ぎたのでここでなんの脈絡もない告知です。6月23日翌日の24日に学園座さんの夏公演が上演されますのでそちらの方をおおいによろしくお願いいたします(詳しくは学園座さんの公式ツイッターをチェックだッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!)

P.S.
次はロンロンッポニーィィ!!!!とかイヌイッッ!!!!とかって言ってみたかったのですが昨日俺のラスク2個も喰った罪でだし巻き次は貴様だッ!!!!

2017/05/30

小さな星の話をしよう

タイトル思いつかなくて適当につけました笑 すいません笑
今年入部させていただいたしょうです。芸名はショパンです。軽く自己紹介します。スプラトゥーンと乃木坂46と仮面ライダーとハリーポッターが好きです。以上です笑
さて、私が学園座に入った理由を話しますと、昔から映画や、ドラマなどをよく見ていて俳優のセリフや表情や動作を真似るのが好きでした。一つの作品ごとに変わった演技をする俳優が凄くかっこいいと思ってました。例えば、ちょっと前に「奪い愛、冬」というドラマがテレビで放送されてたんですけど、そのドラマに出ている俳優の三浦翔平が凄くかっこよくて面白かったです。普段めったに見せない目の色が変わって暴れたり怒り狂うシーンはほんとにはまりました。いつかあんな人になりたいな〜でもどうせ無理だろうな〜と思ってました。でも何かそういうお芝居とか演技を身近にできるのはないかなと考えて学園座に入りました。学園座は先輩も同期も頼りになり尊敬する人達ばかりです。時間が経つにつれて先輩達が遠くなっていくのが本当につらいです。今一緒に活動できている時間を大切にします。これからも皆さんと一緒に学園座の力になれるように頑張ります。夏公演「いと」が6月23日、24日にあります。私は役者として出させていただきます。是非見に来てください!次は小道具で一緒に作業頑張ってるマグロくんお願いします!笑

1回生になったーら

あやめちゃん、私のぺんは平仮名なのだよ。

こんにちは。はじめまして。
ご指名に預かりました1回生の朱ぺん先生こと、おおたです。友達は100人もいません。

気がつけば関大一回生になって2ヶ月が過ぎようとしています。

三年生になって高校を支配していた(?)というのに気がつけばまたまたぴちぴちの1年生。先輩の顔色を伺い(?)、怯えながら(??)生きる生活に逆戻りです。

嘘です。
今とても楽しいです。
演劇はずっとしたかったことでした。それが出来ている今がとても楽しくて仕方ない。

それに、昔から文化祭の夜はみんなで何かを作っている感じがして好きでした。
今は夏公演に向けてほぼ毎日その状態です。楽しくないわけがないです。基本にこにこしてます。

私は小道具部に配属されました。刀とか、舞台の上で使う道具を作っています。そんな私の初仕事、緑の巻物、ぜひ見に来てくださいな。


……


……


あ、役者もやります!初役者です!今後大物になる(予定???)の朱ぺんの初舞台、見に来ない手はないですよ!夏公演「いと」見に来てください!


続いて、癒し天然乙女系男子、「ショパン」、君に決めた!!

2017/05/29

なんてこった

おはようございます!
昨日部活に遅刻し、ブログ更新も遅刻し、ものすごく調子がわるい一回生の桑原茜、芸名はおにぎりあやめです!申し訳ありません!!!

ところ私の芸名ですが、なかなか決まらなくて、はじめて演じた役である「あやめC17」と、その時食べていたおにぎりをあわせておにぎりあやめにしました。決して適当につけた芸名ではありません!

そして、なぜ私が今年から演劇部に入ったかと言うと!
高校生の頃にも興味があり入部したかったのですが、小学生の頃からバレーボールを続けていて、「高校ではバレーから離れてやるっ!」と決意したばすなのに止められなくなってしまいました。
結果として後悔はしていません。
最高の仲間で終われたからこそ、バレーを辞める決意が出来ました。
と言うことで!学園座に入部させていただきました!
これから精一杯頑張ります!!

現在、6月23.24日に「いと」という公演を控えております。
優しく頼りになる先輩にご指導していただき、練習が楽しい!というはじめての体験です。
これからどんどん成長していき、お客さまを魅了できる演技をしていきたいと思っております。
未熟者ですが全力で頑張ります!どうかよろしくお願いします!
そして公演もどうかよろしくお願い致します!!

最後に、次のリレーはパンダとくまの洋服を沢山持っている同じ名前の朱ペン先生に!お願いしゃっす!

2017/05/28

全力。

こんにちは。瀬安勇志(セヤス ユウシ)です。芸名は志(こころざし)です。
むちゃくちゃええ事書いとったそ〜まゆ〜犬。クセだらけの夜桜。の後ということでプレッシャーを感じずにはいられませんが、頑張ります。
1つ夜桜に言いたいことがあります。夜桜が俺にブログリレーを回すときの言葉。「学園座一回生のリーサルウェポン瀬安勇志に託します。」、、いや誰がリーサルウェポン(秘密兵器)を3番目に出しとんねん。スッキリしました。
では、気を取り直して。僕は中学校の時から演劇をやってみたいと思っていました。それで不安に感じながらも学園座に入ったわけですが入ってみるとみんな演劇には本気やし、最高にオモロイ同級生と先輩方に囲まれて困っております。最高すぎて困っております。ここでは学ぶことしか無くて、毎日毎日学んで学んで毎日毎日成長成長であります。日々が充実しているとはこのことだ。と思います。
そんな僕ですが先日、映画、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックスを見てきました。最高の映画でした。やっぱりアメコミヒーロー最高だ、と思いました。男は何歳になってもヒーローには憧れるものです。ですが、僕に特殊能力は無いので、、、まぁたまにウルヴァリンの爪を出そうとしてみたり、ドクターストレンジの魔法陣を出そうとしてみたりはしますが、まぁ今の所何の能力も発症していないので地球の危機を救ったり銀河の消滅を阻止したりはできません。ですが、こんな僕でも人生の中で誰か1人でもいい。誰か1人にとってのヒーローになりたいと思っています。
そのために僕が今できることと言えば、やれる事やれない事、やるべき事やりたい事、全てを全力でやることだけだと思っています。そんな僕が今全力を注いでいるものと言えば?
2017年学園座夏公演「いと」なんですね。毎日僕なりの全力を全力で注いでいます。なのでぜひ僕の全力を。いや、出演者、スタッフ全員の全力を見に来てください。お待ちしております!
あ、これはブログリレーということで誰かに回さないとダメなんですね。誰にしましょ。
じゃあ夜桜のクセを僕で一旦薄めといたので、再び特大のクセを投入しときましょうか。
大原稔司。かましたれ。

2017/05/27

私が夜桜を名乗る理由

初めまして、夜桜と申します。
なにやら情報にミスがあったようでフォロワー300程度の私なんかが大物ツイッタラー呼ばわりされとりますね。
私はトップバッターの慎さんことそーまゆー犬とは違って演劇なんてものはやるのも初めて、見た事すらほとんどないってザマでして。とてもじゃないが演劇について話す事など出来やしません。

ですのでちょいちょいイジられる私の名前の由来の話でも致しましょうか。
え?興味ない?まぁまぁ、そんな事言わずに読んでやってください。長くはかかりゃあしませんよ。

さて、私はもともと小説家なんてものになりたいと思っておりました。
そんなことを思う原因になったのは、5歳年上の私の師匠とも言える人です。と言ってもその人も趣味で物語を作ってるだけの普通の人ですけどね。
今から思えば、彼女は大した物書きでは無かったのかもしれません。でも、少なくとも私は彼女の作る物語の世界に魅せられた。楽しそうに案を話す姿に惹かれた。
しかし私が高校生になった時、私に様々なことを教えてくれた彼女は一身上の都合により遠い地へ行くことになりました。
そんな時に私が言ったのです。
「緋桜というそのペンネームをくれないか?」と。
彼女は笑って言いました。
「これは私のだからダメ。でも、桜をあげよう。夜桜とか良いんじゃない?」と。

そんなわけで文字に起こしてみると、意外に適当に決まったように見えるこの名前ですが、私にとってはせっかく名付けて貰った大事な名前。
だからこそ、新しい経験として演劇をやってみようなんて血迷いながらもこの名前を語っているわけですね。
ちなみに小説家の方の夜桜は今は部内公演の「僕らのジャスティスリーグ」をどうにか改造して小説にしてやろうと奮闘中です。死ぬほど暇なら検索してみれば良いかも?

というわけで!小説とは魅せ方も作り方も色々違う演劇。
その世界はどうにも私には難しくて、それでいて楽しくて。
それでも役者としても上達したい、いつかは演出とかもやってみたい、なんて考えながら日々を歩んでいます。

そして、そんな演劇に全力で取り組んでいるここ学園座は、私より優れた「何か」を持つ人がたくさん居る、刺激的な場所でございます。
そしてそして!そんな学園座はもうすぐ夏公演!
なにやら「いと」という物語をやるようで。
ちなみに私はカラスの役で出ております。
鳥で大臣で貴族です。最近流行りの鳥貴族ってやつですね!
……えぇ分かってますスベりましたね。仕方ない!

しかしご心配なく!このバトンは我が親愛なる友人にして、学園座一回生のリーサルウェポン!Mr.主人公こと瀬安勇志に託します。
後は頼んだぜー!

お疲れ様どぅぇーす

おはようございます。学園座一回生の榮 汐音です。さかえ しおんと読みます。芸名は「黒毛和牛上塩タン」ですが、好きなお肉は鶏肉です。先週寝違えた首がまだ痛いです。生まれてからもう18年が経ち、身体的に老いを感じながらも、人工知能に怯える日々です。

部活は中高と演劇部で、個性の強い人々に囲まれ、主にコメディ要素たっぷりのふざけた劇ばかりやって育ちました。高1の春に照明ガンガンで客も入った小さめのホールでの発表会で、運営の先生のミスで舞台装置の狭いロッカーの中に20分間板付にされて朦朧としかけたのはいい思い出です。大学でも演劇を続けるか迷っていたのですが、学園座の舞台の技術のすごさにテンションが上がってしまい、気づいたら入部していました。やっぱり舞台で何かを表現するのは楽しいです。そんな学園座の方々もとても個性が強いので居心地がよく、Boxでぬくぬくしながら作業ができています。

今回の夏公演では音響でオペを担当します。一緒に作業することが多いからか、最近音響チーフの癖が感染りつつあります。でも気にしません。とりあえずお金が欲しいです!!

次はウィンクが苦手なトレーニングいつめんの「おにぎりあやめ」にお願いしたいと思います。

2017/05/26

ブログリレーですよ!!

おはようございます。
1回生、新入部員のそ〜まゆ〜犬です。
長らく更新していなかった学園座ブログですが、一転しばらくはたくさん更新するそうですよ。
新入生たちによるブログリレーをお楽しみに。
とまあ、自分はトップバッター(塩タンが先に投稿してたらセカンドバッター?!)に指名されたわけですね
。……何書けばいいんだよ……。
せいぜい堂々とやろうと思います。
演劇ってめんどくさいですよね。
いや、セリフ覚えるのが億劫だとかちまちま小道具作るのイライラするとかそういう話ではなくて、何が正解で何が成長なのかわからないんですよ。
「客に背を向けるな」と言われてるのに、後ろを向いた少女が「ナイショ」なんてつぶやく演技にどんな表情でも表せそうにない感情の揺れを感じたことがあるし、「腹から声出せ」なんて言われてるのに平田オリザさんがボソボソ話す「静かな演劇」なんてジャンルを確立するし、多くの「傑作」と呼ばれるものたちから抽出した「決まり」や「ルール」はどんどん破られていく。
科学技術のように確実な進歩と呼べるものはなくて、「こういうのもいいんじゃない?」っていう変化があるんですよね。
そういう壊された決まりからまた新しい「きまり」が生まれたりして。
いやーめんどくさい。
まあでもだからこそ演劇という表現媒体に無限の可能性を感じるわけだし、それぞれの役者さんや劇団さんの個性を楽しめる訳です。
いろんな種類の劇をみる楽しみもあるし!
さてさて学園座の個性って何ですかね。
自分は高校時代も演劇をしていました。
少ない部員でできそうな脚本書いて、ヒイヒイいいながら大道具と小道具揃えて、まあ演劇への情熱しかなかったなーと今となっては思います(そういう状況だからこそ表現することが出来た僕たちなりの「個性」があるわけですが)。
そんな当時と比べるとここ、学園座には力があります。
装置を組み立てる技術があります。
大抵の衣装をそろえる蓄えがあります。
凝った作りの小道具をつくれるだけの伝統があります。
演出、演技はもちろんの事、装置、道具、衣装、音照たちが全力で舞台を盛り上げるんです。
溢れ出る表現欲を物理的に具現化する力がある。
こういうところが我らが学園座の「個性」なんじゃないかな〜。
……とまあ、随分と身内褒めな文章になってしまいましたが、たまにはいいでしょう?
それに入部してたった一ヶ月の自分からすれば慣れないことだらけでまだまだ「身内」って思えないんですよ。
演劇を嗜み、新たな舞台として学園座を選んだ一人の人間としての心境をつづってみました〜。

あ、宣伝です!
6月23日(金)24日(土)に学園座2017夏公演、「いと」を上演します!
詳しくはtwitterを参照してくださいね!
私、そ〜まゆ〜犬も出演します。
自分なりに精いっぱい学園座の「個性」に貢献できるように頑張りますので、ぜひ足をお運びください!!
さて、深夜テンションでおかしなこと書きなぐってしまったので次は無難なこと書いてくそうなあの人に任せましょうか。
超大物ツイッタラー、夜桜さんどうぞ!!

« 2017年3月 | トップページ | 2017年6月 »